本気になって大会を目指す高齢者も増えているゲートボールは、青春を再び感じる事が出来るスポーツです

スポーツ観戦で広がった世界

スポーツ観戦で広がった世界

高齢者が本気で大会を目指すスポーツとしてゲートボールに注目

高齢者が趣味として遊んでいる事が多いと思われがちなゲートボールですが、最近では本気で大会出場を目指して練習を続けている方々が増えてきています。大会という目標があるからこそ練習に力を入れられて、まるで青春時代をもう一度楽しんでいるかの様な気持ちになれると喜んでいる方も多いのです。ゲートボールの同好会を作って練習に取り組んでおられる方も居たりと、大会を本気で目指す仲間を探す事も難しくありません。同じ趣味を楽しめる仲間が居るというだけでも幸せを感じられますが、新しい技術を覚える事に前向きな仲間が近くに居るというのは、また違った刺激が味わえるものです。

ゲートに向かってボールを打つという単純明快なスポーツではありますが、それだけに細かい技術の違いで試合結果が変わりやすいと言えます。その日の天候などに合わせたボールの打ち方など、細かい技術を学んでいく事で大会でも違いを見せ付ける事が可能です。昔スポーツをやっていたという方であれば、大会で活躍する喜びというのは高齢になっても思い出せることでしょう。その喜びを再び感じられると思えば、高齢になってから再びスポーツに本気で取り組むというのも悪くないと考えられるはずです。

Copyright (C)2019スポーツ観戦で広がった世界.All rights reserved.