スポーツは、楽しむだけでなく競技をすることを目的としています。団体と個人と在り、それぞれルールは異なります。

スポーツ観戦で広がった世界

スポーツ観戦で広がった世界

スポーツは、団体競技と個人競技が在ります

スポーツというのは、運動すること自体を楽しむこともしくは競技をして勝ち負けを求めることを楽しむこと全般とされています。スポーツには様々な種目が存在しており、競技によってはルールが異なるそうです。競技には団体競技と個人競技とが在ります。また、それぞれの競技形態によっては楽しみ方が異なるとされています。また、競技者はアスリートとされており、スポーツ自体にはプロスポーツも存在しています。また、競技者には障害者を対象としたものも在り、スポーツは例え障害が在っても楽しむことができるので充実することができたりします。また、スポーツでは運動神経が良いことが求められています。

団体競技というのは、人数を定めて競技をするタイプです。細かなルールが定められており、競技自体が団体で行う場合や個人競技を団体戦形式で行う場合が考えられます。典型的な団体競技は、野球、サッカー、バスケットボール、バレーボール等が在ります。それぞれの競技では高度な専門知識を有する審判がおり、ルールはかなり細かいものとなっています。野球の場合、九人制となっています。打者、キャッチャー、打者と勝負するピッチャー、それぞれの塁の担当者、ショート、塁より奥の方にいる三人の守備者がレギュラーメンバーとなります。ピッチャーは三人の打者をアウトにさせることでチームの出番交代をすることになります。打者がファールボールを打った場合は最初はアウト扱いとなり、それ以降はアウトとされません。ホームランを達成した場合は無条件で一点加算されることになります。バスケットボール競技では、ボールを持った場合はドリブルをしなければなりません。ドリブルをせずボールを持った競技者は三歩以上歩いてはいけない決まりとなっています。その他の場合、個人競技を団体で行うものとなります。格闘競技の場合は勝敗を着け易いとされています。また、チームワークが大事となるものも在ります。

個人競技は、格闘技全般や陸上競技、水泳、ウインタースポーツ全般となっています。個人競技は自分との闘いとされており、特に陸上だとルールを遵守して競技をして自分の記録に挑戦していくことになります。個人競技のルールについては、陸上競技だと明確となっています。幅跳びの場合は線を超えないで砂場にジャンプして記録に挑戦することになります。個人プレーの場合は団体競技と違って独りがちになりますが、競技としての素晴らしさは団体競技以上に醍醐味が有るのでエキサイトし易いものとなっています。

Copyright (C)2019スポーツ観戦で広がった世界.All rights reserved.