プロのスポーツ選手ならば、試合では日頃のトレーニングの成果を存分に発揮しなければいけません。

スポーツ観戦で広がった世界

スポーツ観戦で広がった世界

スポーツ選手が試合前日に食べるべきもの

プロのスポーツ選手ならば、試合では日頃のトレーニングの成果を存分に発揮しなければいけません。そのためには試合前日の食事がキーポイントになってきます。満足のいくプレーができる様に、試合前日にはエネルギーになる食べ物を多く摂りましょう。エネルギーのもとになるのは糖質で、それはすなわち炭水化物です。どんなスポーツでも試合前日は、炭水化物がメインとなる食事をすることです。しかし、炭水化物だけでは十分なエネルギーは作られません。合わせてクエン酸やビタミンB1を豊富に含む食材も摂るようにしましょう。

ビタミンB1は、効率よく糖質をエネルギーに変える役割を持った栄養素なので、炭水化物をたくさん摂るならビタミンB1も必要になるわけです。クエン酸も摂取した食べ物をエネルギーに変えて、疲労回復させる役割を持っています。ビタミンB1はうなぎや豚肉、えんどう豆や豆腐に多く含まれており、クエン酸はレモンやオレンジ、梅干や酢に豊富に含まれています。また、風邪で体調を崩さないように、普段から免疫力を高めるビタミンCを多く含む果物や野菜も食べるようにしましょう。ちなみに、試合前日は食物繊維は摂らないようにすることです。

Copyright (C)2019スポーツ観戦で広がった世界.All rights reserved.